Fly!Fly!Fly!

フライフィッシングを始めて9シーズン目・・・

スポンサーサイト

Posted by co-drop on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かろうじて・・・(2013年9月5日(木)釣行)

Posted by co-drop on   2 comments   0 trackback

2013年9月5日(木)
天気:小雨~大雨のち晴れ
気温:(7時ごろ)22℃ 
水温:未測定

出発時、酷い雨と雷だったけれど、今日は貴重な釣りの日。
家族の了解を取り付けたことはもちろん、シーズン終了まであと一ヶ月しかありません。
現地の天気予報をチェックすると、「明け方までは大雨と雷に注意」と表示されつつも、その後は小雨とのことだったため、「行っちゃえ!」と家を出発。

しかし、夜明け後も断続的な大雨と雷は一向に止む気配が無いため、本命の川を泣く泣く諦め、いつもの安心安全なエリアへ・・・。

ところが・・・
予想できたことですが、川はすっかり泥濁り&増水。

P9050025.jpg

さすがにこれは厳しいと、本日ここまで来たことを早速後悔(T_T)
一応、他の川も覗いてみることに。


---


二本目の川は、昨年の台風直後でも水が比較的澄んでいた支流。(ただし釣果はゼロ)
若干の期待を込めて車を走らせます=33


P9050030.jpg

Oh My God!途中の道が雨の影響で電柱が倒れ、通行止めに。
様子を見ていた隣の方も、「今日は仕事は休みだな」と。
これにて私もThe Endかと腹をくくったところ・・・。
トラックがワイヤーで電柱をどかしてくれました。
ありがとうございます。

P9050042.jpg

これは!なんとか釣りになりそうです!

P9050031.jpg

そして・・・
出たー!

P9050040.jpg

「ボ」どころか、竿を振るものままならないと思っていただけにこれは嬉しい(^^)

すぐに越えられない堰堤があるため、更に上流へ。

P9050043.jpg

ここではチビが一匹!

P9050048.jpg

またまたすぐに脱渓点のため、三本目の川へ行こうと車へ戻ったところ、地元のおじさんと対面。
10年ほど前までは釣師だったとのこと。「今はどうだか知らないけど、イワナもいるし、行ってみたら?」
と近場の情報を教えていただきました。


---


P9050051.jpg

なかなかの渓相。
早速反応があります(^^)

P9050050.jpg

そしてこのポイントの水の流れ出る肩で魚がフライを咥えました!
誠に残念ながら、下の落ち込みでランディングしようとしたところバレ!!
話しを聞いた通りのイワナ(20cm程)です。

これにはテンション上がりましたが・・・、
ん!?

P9050054.jpg

なんてこった!
徐々に水が濁り、あっという間にカフェオレ状態に。
これは上流で更に降ったか、若しくは土砂崩れでもあったか・・・。
初めての場所のため、残念ながら退散しました。

しかし、良い場所を教えてもらいました。
上流域のため、次回はGPSの地図を入れてから再チャレンジしてみましょう♪


---

続いて四本目の川。
だいぶ雨が弱まってきたためか、少しずつ濁りが取れてきたような・・・。
竿をしばらく出すも、無反応のため退散。

P9050055.jpg


---

続いて五本目。

P9050056.jpg

この写真は綺麗に見えますが、ここからすぐ上は、なんとなく水が腐ったような感じでした。
生命感がなかったため、すぐにこちらも退散。


---

そして本日最後。

この頃(お昼ごろ)には、青空が見え始めました。

P9050058.jpg


泥濁りだった最初の川に戻ります。
状況が変わっていなければそのまま帰ろうと思っていましたが・・・。

P9050057.jpg

いい感じの笹濁り(^^)

魚は濃いはずですが、反応の薄い時間が続き、ようやく・・・。

P9050059.jpg

綺麗なヤマメでホッと。

結局こちらでは一匹しか釣れず、本日は(いつもより)早めの納竿としました。

最初の川の状態に、「せめて竿を振るだけでも・・・。」との思いでしたが、竿を出したら今度は、「せめて一匹・・・。」となり、現金なものです(^^;



---


来週はイワナ釣り(^^)
今シーズンのクライマックスとなりますが、魚の反応は渋い様子。
せめて天候だけは恵まれた一日になりますように!


P9050064.jpg


Comment

しげ says... "凄い!"
こんばんは。
根性ありますね!
さすが!!(^^)
きっと、明日につながりますよね。
僕もそうですが、こうして様々なコンディションで竿を出すと、ドライだけじゃ対応できないと感じませんか???
濁りが入ったら、水中を流れる餌を食っているはずですし、側線にも訴えますよね。
2013.09.06 18:12 | URL | #e6ZOnptg [edit]
co-drop says... ""
しげさん、こんばんは。

仰るとおりです!
濁りの状況を見て、真っ先に思い浮かんだのは、岩井さんの"MSCスペシャル"。
「濁りが強くなるに従い、グレー→ブラウン→ブラックへ変えていくのだ!」と以前本で読んだことを思い出しました(^^)
ドライオンリーも考えものです・・・。

取り合えず釣れて、本当に良かったです(^^;
2013.09.06 18:33 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://flyfishingtowatashi.blog.fc2.com/tb.php/66-511c450f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。