Fly!Fly!Fly!

フライフィッシングを始めて8シーズン目・・・

どちらを使うか・・・

Posted by co-drop on   12 comments   0 trackback

最近、パラシュートのボディはもっぱらクイルボディ。
カゲロウの体節が表現できて、気に入っています。

それなりに手持ちのマテリアルの色も増え、作っていて楽しい!

P2120013.jpg


中でも、#14・#12の大きいサイズを巻くときには、ワイルドターキーを使用することが多いです。

P2120017.jpg

一本一本の羽根が長く、とっても使いやすいですよね。
ただし、そのまま使用すると横幅が太いので、私はいつも真ん中で縦にカットしてタイイングしています。

P2120021.jpg

いつもは、半分にした後、上の写真の上側を使用していますが、今回は、下側も使用して巻いてみることに。

P2120015.jpg

光の具合で違う色に見えますが、写真の中央列の真ん中とその下がそれぞれで巻いたものです。
下はいつも通り毛が立ってイイ感じ。でも、いつもは捨ててしまう側で巻いた中央のフライのボディもなかなかです (^ ^)
むしろこっちの方が虫っぽかったりして・・・。

ちなみに、中央列奥はストリップドピーコックのボディ、写真右側&左側はグースバイオット各色のボディです。


羽根のどちら側を使うか・・・、何かアドバイスがあれば教えてください! m(_ _)m

Comment

パイン says... ""
co-dropさんこんばんは♪

何時も屁垂れブログへのコメントありがとうございます。
今回はフライネタですね!!
私如きで大変恐縮ですがバイオットを用いたアブドメンの処理・・行きつくところはどちらでも有りだと思いつつ、パラリハックルに長めのディパットテイルというフライスタイルであれば毛羽立たない向き(写真中央)に一票で御座います(笑)!!

2013.02.13 00:20 | URL | #- [edit]
farwater says... ""
おはようございます^^

魚はそんなこと気にしていないので、私はどっちでもいい!に1票です(笑)。
2013.02.14 08:21 | URL | #- [edit]
ari says... ""
おはようございます。

初めて書き込みさせて頂きます。綺麗に巻かれていますね、脱帽です<(_ _*)>

里川でヤマメ相手で使うのであれば、ピーコックやグースのフリュないボディを巻きます。フリュがある事で微妙なドラグで出ないことが有ると思います。
山岳渓流のイワナであれば半沈のパラにフリュが有る側で巻き、巻き返しの場所や際等で少しの時間だけでもブレーキを掛け、ステイできると思って使い分けています。

まるかつで図体のデカイフライマンと言えば分かるでしょうか?(笑)(^-^)
2013.02.14 10:01 | URL | #- [edit]
しげ says... "こんにちは。"
こんにちは。
co-dropさんのフライはどれも綺麗ですし、バランスが良いですね(^^)
どちらでも、十分釣れるのではないでしょうか。
ちなみに、僕もバイオットを多用しますが、下地にダビングしますので、そのコーティングと考えてます。
ダビング材だけよりも、吸水しにくいので浮力がもつように感じます。
なので、キッチリと隙間なく…リアルな風合いのコーティング材ってところです^^;
2013.02.14 10:01 | URL | #e6ZOnptg [edit]
co-drop says... ""
パインさん、こんばんは!

一票ありがとうございます(^ ^)
私は何も考えずに巻いていましたが、フライの形状によって判断されるのは流石です!
パインさんのタイイングネタから学ぶことは多々ありますが、是非今後も私のタイイングネタにツッコミをお願いします!
2013.02.14 21:30 | URL | #- [edit]
co-drop says... ""
farwaterさん、こんばんは。

farwaterさんも、一票ありがとうございます(^ ^)
確かに魚にとってはどちらでもいいのかも。
そんなことより、私のフライの流し方の方が大きな問題ですね・・・(汗)
2013.02.14 21:33 | URL | #- [edit]
co-drop says... ""
ariさん、コメントありがとうございます!
最後の一文ですぐに分かりました(笑)

ドラッグの掛かり方の違い、「なるほど!」と思いました。写真を良く見るとフリュがフライのサイズに対して大きすぎますね。これでは水の影響をモロに受けてしまいますね。
とは言っても私の場合、それ以前にフライの流し方、ティペットの処理の仕方の方に大きな問題があり、そちらに起因するドラッグの方が大です・・・。

よろしければ、今後も当ブログへのご訪問&コメントをよろしくお願いしますm(_ _)m
2013.02.14 21:43 | URL | #- [edit]
co-drop says... ""
しげさん、こんばんは。

私も浮力については実感しています。
実際ダビング材で巻いたボディは渇きが悪く、フライメンテをした後は特に違いが出るような気がしています。
プラス、リアルですしね(^ ^)
2013.02.14 21:51 | URL | #- [edit]
ari says... ""
こんばんは。

まるかつのTさんから、「farwaterさんとco-dropさんがブログ書いているから見てご覧」とお話があり、お二人のブログは前から拝見しておりました。

因みに、ブログのタイトルが変わる前から拝見しております。
これから、コメするので宜しくお願いします。

自分もカムパネラの3611の竿作ってしまいました(笑)
まるかつのブログに載っています。
解禁が待ち遠しいですね!!
2013.02.14 22:11 | URL | #- [edit]
co-drop says... ""
ariさん、おはようございます。

それはそれは、ありがとうございます!
今後もよろしくお願いします。

カムパネラの写真拝見していました(^^)
エメラルドグリーンにホワイトレター、とっても上品且つカッコいいですね!
2013.02.15 09:29 | URL | #- [edit]
Green Cherokee says... ""
co-dropさん、こんばんは。
この記事に触発されて、今夜、ちょっとだけ巻き巻きしてしまいました。と言っても、co-dropさんとは比べものにならないくらいのゴミみたいなフライですが・・・ ^^;;
どちらかに一票を投じたいのですが、私のレベルが低すぎて投じることもできず・・・(汗)、是非、実物で違いを教えてくださいね!
ちなみに、先日、まるかつさんでariさんにご指導頂いたミッジピューパを巻いてみました。うーーん、似て非なるもの、ってこういうもののことを言うんだな・・・とつくづく思ってしまいました(涙)。修行あるのみ、ですね・・・
2013.02.15 23:59 | URL | #- [edit]
co-drop says... ""
Green Cherokeeさん、おはようございます。

ariさんにご指導頂いたのですね。Tさんから常々ariさんのフライの繊細さはお聞きしております。フライボックにピンセットでフライを並べることもあるのだとか!(驚)

解禁間近ですね。自分で巻いたフライで魚が釣れることが一番嬉しいと思います(^ ^)
解禁までお互いタイイング頑張りましょうね!

2013.02.16 09:04 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://flyfishingtowatashi.blog.fc2.com/tb.php/44-b0934f36