Fly!Fly!Fly!

フライフィッシングを始めて9シーズン目・・・

スポンサーサイト

Posted by co-drop on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛無山~雨ヶ岳 登山!【その2】 (2015.11.5(木)登山)

Posted by co-drop on   6 comments   0 trackback

・・・【その1】からのつづき・・・

雨ヶ岳までは主に稜線歩きとなります。
富士山を見ながらの贅沢な稜線歩き♪

DSCN3555_1597.jpg

流石に2,000m近いですから、広葉樹の葉っぱはすっかり落ちてしまっています。

DSCN3561_1601.jpg
また、少し南側を歩くとまだ霜が降りた状態。
夜明け前の麓の気温が1℃でしたから、山の上のここの夜は-5℃ぐらいでしょうか。

積もった落ち葉が濡れていて、慎重に歩かないと滑ります。
やっぱり普通の登山靴の方がこういう場合はグリップが効くんでしょうね。

DSCN3557_1599.jpg
毛無山のすぐ隣にはもう一つピークがあって、そちらの方が1,959mと毛無山よりも高いのですが、不遇のピークと言いましょうか、一応「大見岳」との名前がついているようですが、看板も上記の通り。どなたかが手書きで記しているぐらいです。
国土地理院の地図にもその名前は記されていません。

DSCN3564_1602.jpg
振り返って、毛無山方向を望む。
稜線の半分ぐらいはは笹薮の中の道を歩きます。この通り、今はしっかりとした道になっていますが、以前はこの道は無く、藪漕ぎをしなければならなかったそうです。
その名残として、毛無山の頂上にはこんな看板が未だに立っていました。

DSCN3540_1585.jpg
僕のGPSの地図にもこのルートはありませんでした。

DSCN3568_1672.jpg
富士山と雲と立枯れの木とクマザサ。
画になります。


DSCN3576_1611.jpg
雨ヶ岳到着!
毛無山からは、休憩を除いて1時間半ぐらい。

DSCN3578_1612.jpg
ここからも富士山がよく見えます。
クマザサがちょうどよく刈り取られた場所があったので、昼食としました。
コンビニのおにぎりですが、最高の昼食となりました。

DSCN3579_1613.jpg
鷲? 鷹? 鳶?
ピーヒョロローとでも鳴けばわかったのですが、見た目だけではよく分かりません(^^;
弧を描いて近くを飛んでいて、時々藪の中に突っ込んでいきました。
何かいるんでしょうね。
こんなショーも見られて大満足。

お腹も膨れたところで、名残惜しく下山開始です。
DSCN3587_1619.jpg
下りは楽勝!と思っていたのもつかの間、この下りも相当な傾斜でした。
今回の山はどちらから登ってもキツイ!!
この下りで3回尻餅をつきました(^^;

↑奥に写っている山は竜ケ岳、左に写っているのが本栖湖です。
僕は、竜ケ岳の手前の端足峠で右へ。
DSCN3594_1624.jpg

一本だけ真っ黄色に色づいていた木。
周りが無色だっただけに、余計にきれい。
DSCN3591_1621.jpg

端足峠を右に降りると、今までとは一転した杉林となります。
DSCN3596_1626.jpg
こうなるとつまらない歩き・・・。


DSCN3601_1630.jpg
A沢貯水池到着しました。
ここから根原のバス停まで行って、バスに乗ってもいいようですが、今回はもう一つの楽しみとしていた東海自然歩道(地図看板赤線)を通って、車まで帰る計画です。

この東海自然歩道は、八王子から大阪府箕面市まで、11都府県約90市町村にまたがる長さ1,697 kmの長距離自然歩道とのこと。
今回はそのほんの一部の歩きでしたが、この東海自然歩道を歩くだけでも満足できる行程でした。

DSCN3613_1638.jpg

DSCN3602_1631.jpg
歩き始めはこんな感じ。

DSCN3606_1633.jpg
そしてススキの小路へ。
こりゃ、いいぞ!

DSCN3617_1677.jpg
次いで広葉樹の林の中へ。
ここら辺はまだ紅葉真っ只中です。

DSCN3618_1642.jpg
こんな看板もありました。
両脇の熊のシルエットは切り貼りしてあって、なんだかおかしい(^^

DSCN3621_1643.jpg
よく揺れる吊り橋(根原の吊り橋)もあります。
残念ながら、水は流れていません。

DSCN3622_1644.jpg
ちょっと山の中へ入っていく場所もありますし、

DSCN3626_1648.jpg
再び開けてこんなイイ感じの富士山も見られます。

DSCN3632_1654.jpg
ススキの草原。
太陽の陽に照らされてとってもきれい。

DSCN3633_1655.jpg
左手にススキ、右手には紅葉真っ盛りの山が近くまで。
言うこと無しです!

DSCN3636_1657.jpg
また富士山。

DSCN3643_1661.jpg
最後の方は、牧草地脇を抜けていきます。
瑞々しい牧草と富士山もまた格別!

DSCN3644_1662.jpg
チカラシバ(紫色の大きな猫じゃらし)の群生。
なんてバラエティに富んだ遊歩道なんだろう!

うちの家内は登山なんてまったく興味がない(以前一度だけ連れて行ったら、「もう行かない」と・・・(^^; )。
でもここなら満足してくれるかも。
こどもだちも、ここなら安全に歩くことができます。
次回は是非家族で来よう!

DSCN3645_1663.jpg
最後に、毛無山(左)と雨ヶ岳(右)を遠目に見ることが出来ました。

DSCN3647_1664.jpg
そして、スタート地点の駐車場へ到着!
(ポストに入れたお金の領収書が返ってきていました。)

出発から8時間10分の歩き。
かなりヘロヘロですが、大満足の登山となりました。
行程が長いのがちょっと難点ですが、このコースはとってもおススメ!!
天気さえ良ければ、いつの時季に行っても楽しめるのではないでしょうか。

・・・
今回の登山ではっきりし事が一つ。
持久力はもちろんですが、足の筋力が圧倒的に足りない・・・。
実は、毛無山の急登の最後の方で足がつってしまいました。その後も時折(^^;

今年は渓流でのハプニング時にも足がつり、あわや遭難!?ということもありました。
「このままだと万が一の際にどうにもならないかも・・・」と焦りを感じています。
これはトレーニングを積むしかない!と、後日から少しずつ始めてみているところです。


登山は今年中にもう一度ぐらい行きたいなぁと思っています。
次こそは故郷の丹沢へ!!!

~~~~

【おまけ】
偶然にも、この登山の数日後に「グレートトラバース2 第四集」にて、田中陽希さんが毛無山に登る回の放送があり、楽しみにしていたのですが、毛無山登山の尺はたったの!たったの!10秒!!!
テレビの前でズッコケたのでした・・・

~~~

【終わり】

Comment

(Ryoshi) says... ""
co-dropさん、こんにちは。

しかし、かなり歩かれていますね!
景色が最高なので楽しいとはいえ、その体力に敬服します。

東海自然歩道は前から地図にあるな~って思っていましたが、こんな感じなんですね。
しかも、思っていたより綺麗でかつ長い。
なんとなく、渓流にも利用できるかな?って思いました。

グレ-トトラバース2は私も見ましたが、確かに瞬殺で終わっていましたね。
どうも、ヨーキさんがトラブらないと、尺が短くなるみたいですね。(^^;
2015.11.20 10:43 | URL | #- [edit]
ヨシ says... ""
こんばんは!

富士山を常に感じながらの贅沢なコースで
天候にも恵まれ最高でしたね♪

足がつっても筋肉痛でもまた行きたくなるのが
登山。不思議な魅力ですよね^^。



2015.11.20 23:24 | URL | #- [edit]
co-drop says... ""
Ryoshiさん、こんばんは。

釣りの8時間と山歩きの8時間は違うと、再確認しました。
もうバテバテです(^^;

グレートトラバース2は他の山がレベルが高過ぎです。おっしゃるようにトラブルもありませんし、尺が短いのはわかります。しかし、10秒はあまりにも・・・(^^;

遭難者のザック発見の下りは驚きでしたね。しかも丁度1年前の同じ日なんて!

コースタイムの半分でいつも登っちゃうのはいつ見ても凄いなぁと思います。
2015.11.21 19:59 | URL | #- [edit]
co-drop says... ""
ヨシさん、こんばんは。

ボーズを喰らってもまた釣りに行きたくなるように、登山も足がつってもまた行きたくなりますよね(^^;

新緑の山も格別なんだろうなぁと思いますが、その時期は渓流のハイシーズンですからね(^^; なかなか・・・。
2015.11.21 20:04 | URL | #- [edit]
しげ says... ""
こんにちは!
釣りはなんだかんだ言っても立ち止まりながらの遡行ですが、登山は歩きっぱなし…
堪えますよね(^_^;)
それでも8時間以上を踏破したんですから凄いですよ!

僕も釣りだけでは体力低下を止められないと思っています。
そして、余力がなくなると危険度が増しますよね。
僕もできるだけついていけるよう、体力を維持を頑張ります!^^
2015.11.22 13:16 | URL | #e6ZOnptg [edit]
co-drop says... ""
しげさん、こんばんは。

釣りや登山などでのトラブルの際は、最後は精神力だとは思いますが、それには体力・知識・道具の有無が大きく関わってきますよね。
どれもあらかじめ準備や強化しておくことは可能ですから、出来ることを少しずつ行いたいと思います(^^

今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m
2015.11.23 21:05 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://flyfishingtowatashi.blog.fc2.com/tb.php/142-46c1f960
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。