Fly!Fly!Fly!

フライフィッシングを始めて8シーズン目・・・

カウンターアソールト(熊スプレー)の購入

Posted by co-drop on   14 comments   0 trackback

遅ればせながら・・・

新年、おめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。


さて、今年の釣り関係の初買いはこちら。

カウンターアソールト、クマ撃退用スプレーです。

DSCN2316_886.jpg


幸い、まだクマの姿の一片も目撃したことはありません。
しかし、最近の釣行先は熊の住む場所であることが多く、クマの糞?足跡?爪痕?と思われるクマの形跡、また、獣臭を感じ、ビビることはしばしば。
それ故、クマ鈴(2個付け)、爆竹、蚊取り線香、ラジオを携帯し、自分の存在をアピールしています。

それでもクマに出会ってしまったら・・・?




クマは本来臆病な動物で、ほとんどの場合自ら去って行ってくれるようですが、ばったり出会ってしまった場合や、小クマを守ろうとした場合は、容赦なく襲ってくるとか。
そんな接近時に、果たしてこのスプレーを発射させるだけの時間があるか、勇気があるかは自信のないところではありますが、丸腰よりはよっぽどマシだろうということで購入に至ったのでした。

同行させていただくことの多いしげさんは既にいつも携帯されています。


専用ホルスター(携帯ケース)もセットで購入。

DSCN2320_889.jpg

どこにぶら下げておくかも重要ですね。

DSCN2319_888.jpg

「ホルスターから抜いて、安全ピンを外して、構える」の練習も反復で行っておきます。

しげさんが、以前お会いした営林管理の方は、スプレーを手に持った状態で山道を歩いていたとか。


「熊スプレーでクマを撃退した例がない」なんて書いている人もいますが、そんなことはないようです。

DSCN2318_887.jpg


こちらは年末に購入した本。

DSCN2321_890.jpg

この著者は積極的にツキノワグマに会いに行っている人ですが、スプレーを使用した記録がいくつか載っていました。
スプレーの携帯を勧めています。

DSCN2324_892.jpg


数か月前に、嫌な夢を見ました。
山道を歩いていると、洞穴から犬ぐらいのサイズの獣が飛び出してきて、対峙するというものです。
数メートル先でウーウー唸っており、自分は何もできずただ後ずさり。
「スプレー持っておけばよかった・・・」と思ったのも後の祭りで・・・。

クマだけじゃなくて、イノシシや野犬も怖いですね。

スプレーの消費期限は製造から4年。
今回購入したものは2018年の6月まで。
そのまま消費期限が切れるまで使用しないことを願うばかりです。

Comment

ナシオ says... ""
co-dropさん あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
このスプレー私も前に検索して見ていました。
意外と高いのでビックリしました。
4年何て言わずに10年ぐらい保ってくれればいいのに・・・
他のブログでは、最後はナイフ持って立ち向かえ!
なんて書いてる人も・・・f^_^;
それは流石に無理なので買っておくべきですね。
今年はクマの出ない渓流でご一緒しましょうね(笑


2015.01.09 23:39 | URL | #- [edit]
パイン says... ""
co-dropさん明けましておめでとう御座います。

気持ちのも道具も備えは大事ですよね!!
我々の仲間内でも下記のよーな記事に備えを見直すよーな事が昨年ありました。

http://camelhd.exblog.jp/22687276/
くまに関しては至近距離遭遇時の行動が肝要!!!
頭では理解していながら実際の場面では??なる話を私も友達としたりしております。
今年も一年、健康と安全に気をつけつつ楽しい年にしたいですね。

本年も宜しくお願いします。
2015.01.10 10:34 | URL | #hiiZJbic [edit]
しげ says... ""
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

僕のは昨年12月に賞味期限切れ・・・お互いの安全のためにも、解禁までに買っておきますね。
二人が持っていれば、もしもの時にダメージを最小限に出来ると思いますので(怖)。
古いものは、今度、どこかで試射して使ってみましょう。

5年前程の新潟単独釣行で、釣りを終えた川通しの帰り道で、幅1mほどの枯れ沢を挟んで熊と対峙した経験があります。
帰り道でペースが速かったため、熊が気づく前に警戒半径内に踏み入ってしまいました。
向こうは、「ウ~」と唸りながら威嚇してきました。
その距離、約10m足らず・・・
逃げ切れる相手ではないので、よく言われている「背中を見せず、視線を逸らさず、刺激せず」でした。
幸い、向こうが去ってくれました。

上でパインさんがリンクを貼ってくださった事故のように、動けないほどのダメージを負ってしまったら、おそらく、誰にも見つけてもらえず・・・だったと思います。
あの時もしも熊スプレーがあったなら、向かってきても追い払うことができる道が残されていたかもしれません。
当時は丸腰だったためまさに相手次第、向かってこられたら今こうしてコメントしていなかったかもしれません。
運任せでした・・・

「スプレーは役に立たない」という意見もありますが、あのような場面に直面したとき、一つでもいいから可能性は残しておきたいですね。
また、猿も襲われたら怖いです・・・もしかしたら熊よりやばいかも。

それから父方の祖母の実家(新潟の超山奥)の話では、山へ入るときは必ず鉈を携行するそうです。
山仕事で使うのはもちろんですが、熊と対峙したとき、熊は頭がいいので刃物のようなものを持って構えた人を襲うのは躊躇するからだそうです。
長年、熊とお付き合いしている地域に住む方の知恵を僕は信じています。
なので僕はナイフも手放せません。

お互いに、使うことなく賞味期限が切れることを祈りましょう^^

新年初記事で、長文コメント失礼しましたm(_ _)m
2015.01.10 18:49 | URL | #e6ZOnptg [edit]
co-drop says... ""
ナシオさん、明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

1シーズン2,500円の保険と思い、割り切って購入しました。
まとまった出費は痛いんですけどね(^^;

下記のしげさんのコメントにもある通り、ナイフ類も必要だなぁと思っています。
あとはツェルトですかね(^^;

今年はぜひご一緒したいです!
2015.01.10 22:44 | URL | #- [edit]
co-drop says... ""
パインさん、明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

リンクありがとうございます。
恐いですね・・・。

ザックの中はもはや釣具とは関係のないものばかりです。そして大半は使うことのないエマージェンシー類。
増える一方ですが、万が一を考えると削れないんですよね(^^;

このスプレーの携帯により、前線で戦うパインさんを後ろからサポート出来るようになりました。
したがって、今年こそは同行をお願いいたします(^^
2015.01.10 22:48 | URL | #- [edit]
co-drop says... ""
しげさん、明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

山の中には行かないのが一番いいのでしょうが、そんなことは到底できないですもんね(^^
次はナイフでしょうか。

この「山でクマに会う方法」の著者は、クマ以上にスズメバチを恐れている、と書いていました。スズメバチ撃退スプレーと万が一刺されたときの抗ヒスタミン剤、副腎皮質ホルモン入りの軟膏と飲み薬は必ず携帯しているとのことです。

ザックが何でこんなに重いんだろうといつも思いますが、削れるものが無いんですよね(^^;
2015.01.10 22:57 | URL | #- [edit]
Green Cherokee says... ""
co-dropさん、明けましておめでとうございます。
源流釣行とは縁が遠い私ではありますが、実は、今まで二度、クマに遭遇しています。一度目は北海道の支笏湖付近の川でヒグマに、二度目は昨年に何度か足を運んだ渓流の林道(それもアスファルト)でツキノワでした。
ヒグマの時は、本当にヤバかった・・・後にも先にも、”今、俺は死ぬ・・・”、と思ったのはこの一度きりでした。この時は、川幅が3mくらいの小さな渓流で餌釣りをしていました。その時、突然、背後のヤブが信じられないくらいの大きな音を立てて、私から5mくらい離れたところで、渓流を跨いで猛ダッシュしていきました。黒い塊りが地響きを立てて視界から消えて行きました。
その時、私はとっさに、ただしゃがむことしかできませんでした。しゃがんでもどうにもならないのですが、なぜかしゃがんでしまいました。そして、黒い塊が完全に消さった時に立ち上がった時は、両ひざがガクガクしてしまい、しばらく歩けない程でした。気を取り直して、上下流に居る仲間を大声で叫びながら探し、皆でとっとと納竿したことを覚えています。
二度目は、家族でBBQした帰り道の車の中でした。イワナ域の渓流なのですが、林道からのアクセスも良く、子供達が小さかった頃、頻繁に水遊びに連れていきました。夕暮時、林道を車で下っている時に、左の斜面を逃げて行くカモシカが見え、”おっ、カモシカだ!”、なんて言っているすぐ先のアスファルトの林道の上にツキノワが居て、車に怯えて川に下っていきました。ヒグマ遭遇経験のある私は、もちろん車の中だったこともあり焦らずツキノワを観察できました。ヒグマに比べれば小さいですが、やっぱりクマはクマですよね・・・。歩いている時に遭遇したら、相当ヤバかったと思います。子供達は、”くまさんだぁ!”、って喜んでいましたが・・・ (^^ゞ
少なくとも歩いている時はもう二度と遭いたくありません。けど、co-dropさんやしげさんは私よりも遭遇確率は高いと思っていますので、十二分にお気を付けくださいね。
出逢ってしまった時は、撃退アイテムはもちろんですが、どれだけ平常心を保てるかが重要だと思います。出会い頭なんかで出逢ってしまったら、身体が震えて撃退アイテムまで手が伸びないかもしれません。ですので、やっぱり、クマに事前に気付いてもらう、ことが最大の撃退法なのかもしれませんね。
効力は定かではないですが、渓流釣行前には、塩で身体を清め、お神酒をくべます。これ、クマに遭いませんように・・・ってオマジナイも含まれています、私の場合・・・ (^^ゞ
co-dropさんもどうかクマに遭遇しませんように・・・ 私も祈る気持ちでいます。
では、今年も素敵な釣行記、楽しみにしています!!
2015.01.12 09:33 | URL | #- [edit]
jetpapa says... "使える物は何でも使え"
野生動物はネズミ、ウサギから熊まで全て危険と家族にはきつく言っています。
福島に毎月帰りますが、庭先に雉も居ますしウサギも飛び跳ねます。
絶対に触らないこと、食物をやらない事を都度徹底しています。
病原菌を持っている個体がほとんどですし、逃避距離が縮まり危険です。
野生動物から人間は危険という感覚が弱まっているように思うのです。
猟師が少なくなりました。
人が来ると鉄砲で撃たれると学習していたんだと思いますが、勉強不足の野生動物がほとんどになった結果、熊との遭遇が増えたと思うのです。
クマ撃退スプレーは見かけたら、危険と思ったら遠慮なくたっぷり使っても問題ないし、その方が、人間に近寄るととんでもない目に合うと学習しますから良いと僕は思っています。
ただし、風上から噴射しないと自爆で失明と呼吸困難、悶絶の危険があります。
youtubeでトイレットペーパーに少し塗ったら悶絶している画像が出ていました。
暮れに箒川上流にある塩原温泉に泊まったら庭先までカモシカが出てきました。
なんか変です。
人の恐ろしさを知らない。
近寄ったら撃たれて喰われると学習していない野生動物にしたのは私たちの責任でもあると思っています。
2015.01.13 10:08 | URL | #- [edit]
リョウ says... ""
遅ればせながら,謹賀新年!! 今年もよろしくお願いいたします。
紀伊半島の釣行で出会った獣は,鹿,猿,タヌキ,カモシカです。
幸いにもツキノワグマや猪とは遭遇していません。
でも,ぼくも購入しておきたいと思います。


2015.01.13 16:25 | URL | #I2PQT7iU [edit]
co-drop says... ""
GreenCherokeeさん、こんばんは。

ヒグマですか・・・。
いろいろと知れば知るほど、同じ熊でもやっぱりヒグマとツキノワグマは、レベルが違いますよね。
それは生きた心地がしなかったでしょう(^^;
"後にも先にも"とおっしゃるところに、事の大きさがわかります。

"どれだけ平常心を保てるか"は全く自身がありません。
出会わないように努めることが何より重要ですね。
2015.01.14 23:31 | URL | #- [edit]
co-drop says... ""
jetpapaさん、こんばんは。

人間の食べ物を奪いに来るサルなんて、人間が作った最悪の状況ですよね。

昨年、jetpapaさんがしげさんと同行されたときに、イノシシに迫られることがあったと記憶しています。
そのことも今回このスプレーを買った動機の一つです。

"使えるものは何でも使え"
よく覚えておきます(^^
2015.01.14 23:41 | URL | #- [edit]
co-drop says... ""
リョウさん、こんばんは。
こちらこそ、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

jetpapaさんが書かれている通り、動物は何でも恐いですよね。
山奥に行くたびに、こんなところで日常を過ごしている彼らに敵いっこない、といつも思います。
今年も安全第一で釣りを楽しみましょう(^^
2015.01.14 23:47 | URL | #- [edit]
ジョニー says... "こんにちは。"
co-dropさん
こんばんは。
しげさんも購入していましたね。やはり必要ですか?
自分だけは。。。というのは通用しないのはわかっていますがなかなか購入には至りません。妻の実家の裏山でも出るらしいので。。。4年有効ならば今年は買っておこうかなぁと少し考えています(苦笑)
ちなみにネットでは有効期限がみられませんよね。
少しでも長いのを購入したいと思うのですが何か酔い手はないのでしょうかね(笑)
2015.01.17 17:50 | URL | #I2PQT7iU [edit]
co-drop says... ""
ジョニーさん、おはようございます。

私もジョニーさんと同じく何処で買うのがいいのかを考えました。
で、結局はナ○ュラムで購入しました。回転率が高そうだと思ったので。
結果は期限まで3年半でした。まあこんなものかと納得しています。
2015.01.19 06:40 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://flyfishingtowatashi.blog.fc2.com/tb.php/122-f752ec1f