Fly!Fly!Fly!

フライフィッシングを始めて9シーズン目・・・

スポンサーサイト

Posted by co-drop on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケーススタディ!

Posted by co-drop on   8 comments   0 trackback

最近、この手の本を読んでいます。

DSCN1195_475.jpg

図書館は良いですね。
お財布が軽くなることがありません(^^
しかも、こんなジャンルの本でも、それなりにいろいろと並んでいます。



学生のとき、リーダー研修や先輩からの指導はあったものの、圧倒的に知識がないまま山に登っていたと今更ながら思います。

もうダメかと思ったのは、雷の中、稜線をひたすら歩いたとき。
皆無言のまま、一刻も早く安全なところへと歩き続けました。馬鹿ですね。

DSCN1220_480.jpg


暴風で複数のテントのポールが曲がり、翌朝やむを得ず合宿の途中でしたが下山したこともありました。

DSCN1217_479.jpg

北アルプスでは8月でしたが、雨風の中、ガタガタ震えながら歩いたのを思い出します。
体調不良も重なり、自分はヤバいんじゃないか??なんてビビッていました(^^;

真夏でも状況によっては低体温症の危険は十分にあるようですから、体が震えが来たらすぐに対処しないといけません。

ツェルトの購入を真剣に検討しています。

DSCN1211_477.jpg

渓流でもっともリスキーなものの一つは滑落や転倒。

DSCN1212_478.jpg

軽い転倒はもちろん、結構ド派手に転んだ!なんてこともたまにありますよね。
捻挫、骨折、打ちどころが悪ければ・・・。

沢屋さんはヘルメット着用がデフォですから、僕も持っておいた方がいいかなぁなんて思います。

DSCN1205_476.jpg

学生の時に何事もなく部活を終了できたのは運が良かっただけかもしれません。

渓流釣りも、出来るだけの知識を入れておいて、準備は周到に、安全第一で楽しみたいと思います。

Comment

しげ says... ""
おはようございます。
奥の本、うちにもあります^^;
釣りに限らず、様々なケースを事前にイメージしておくだけで、実際に遭遇したときの頭の中の余力が違うと思います。
co-dropさんは、さすがですね!^^

20年近く前に、レスキューダイバーの訓練を大荒れの海でやらされたことがあります。
その時の先生曰く「事故ったら助けられない。一人を助けるのがどれだけ大変なことか、今日は身体でわかってもらう。だから、事故は起こしちゃいけないんだ。」でした。
2014.07.30 06:58 | URL | #e6ZOnptg [edit]
co-drop says... ""
しげさん、こんばんは。

この間も話しましたが、救助ヘリの捜索ルールなんて知らなかったですもんね(^-^;

生きて帰った人の話を読むと、(先日助かったシュノーケリングの人もそうですが)生きて帰るという強い意思と、やっぱりそれなりの知識と装備があったったからだと感じました。

無理は絶対禁物、そして万一の準備ですね。
2014.07.30 19:39 | URL | #- [edit]
ジョニー says... "こんばんは。"
co-dropさん
こんばんは。いやー同感ですね。
私も子供達とよく図書館を利用しますがやはり同じ本を借りてますね(笑)
遭難の話もそうですが熊関連の本がありますが私はゾーットします(苦笑)
釣りやハイクは楽しみでいくので長く続けるためにも、事故はあってはならないと思っています。
2014.07.31 00:06 | URL | #I2PQT7iU [edit]
co-drop says... ""
ジョニーさん、こんばんは。

ジョニーさんも図書館利用でしたか(^^
では、今度は熊関連の本を僕も探してみることにします!
そうですよね、この趣味を控えるという選択肢はないので(^^;、事故はあってはいけませんね。
2014.07.31 04:19 | URL | #- [edit]
Green Cherokee says... ""
co-dropさん、こんばんは。
実は今日、farwaterさんと渓流釣行したのですが、突然暗雲(この場合、人生の暗雲ではなく、本当の黒い雲です・・・(^^ゞ)が立ち込めいきなりの雷雨。土砂降りの中で雷が近くの木々に落ち・・・、もう生きた心地がしませんでした。実は血縁関係がある人を落雷で亡くしているので、自ら二人目の犠牲者・・・を想像してビクビクしてしまいました。
co-dropさんがタイムリーにアップして下さったこの本、私もしっかりと読破したいと思っています!!
追伸)
今日の地獄とは一変・・・、今は、今日採取したキノコをツマミにしつつ、コメント書いてます!! まいぅ~ (^^ゞ
2014.07.31 20:53 | URL | #- [edit]
co-drop says... ""
GreenCherokeeさん、こんばんは。

まさか、そんなデンジャーな釣行をされていたとは!
しかしそんなときでも、キノコを収穫されていたんですね(^-^;
頼もしいです。

私は今キャンプに来ています。
子どもと家内が寝たのを確認し、一人焚き火です!
こんなときはウィスキーでしょうか?
ビールしか飲めない私は、地ビールでチビチビ、至福の時を過ごしております(^-^)
2014.07.31 22:38 | URL | #- [edit]
パイン says... ""
co-dropさんこんばんは

山の知識・・我々のような渓流釣師には必須ですよね!!
実は昨日西丹沢へ赴いていたのですが、帰宅後にニュースで前日の水難事故の事を知りビックリしました。
金曜の夜・・私の住む秦野市も雷雨に見舞われたのですが、山は更なる集中豪雨であったと思います。
知識と経験、そして何より安全にという気持ちを持ち続けなければなりませんね!!
万が一の準備・・これも肝に銘じようと思った次第です。
2014.08.03 22:06 | URL | #hiiZJbic [edit]
co-drop says... ""
パインさん、おはようございます。

僕もニュースを見てびっくりしました。数年前の玄倉の事故といい、川は本当に恐いですね。

ザックの中は使わないものだらけですが、いざという時のために、いろいろと入っています(^-^;
2014.08.06 06:41 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://flyfishingtowatashi.blog.fc2.com/tb.php/107-fefd1adf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。