Fly!Fly!Fly!

フライフィッシングを始めて8シーズン目・・・

別の麻薬を・・・ (2013年8月20日(火)釣行)

Posted by co-drop on

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

丹沢ミーティング

Posted by co-drop on   2 comments   0 trackback

お盆での帰省中に、リンクを貼らせていただいているパインさんとお酒を交わすことができました(^^)

パインさんは秦野市在住。
同郷の仲です!


秦野駅で待ち合わせ。
駅周辺は学生の時とあまり変わっていません。

P8160027.jpg


バックの山並みが丹沢です。


---


パインさんとお会いするのは2度目。
前回は一年前、山梨の里川で数時間ご一緒しました(^^)

P7050041.jpg


今回は釣り抜きの談義のみ。
じっくりお話しするのは初めてですが、普段からブログのコメントを通して"会話"させていただいているので、終始話が盛り上がりました(^^)

羨ましいことに、パインさん、9月に10日間ほどアメリカに釣り(もちろんフライ)に行かれるとのこと。
大きなフライにどっかんどっかんと大鱒が・・・と思いきや、基本的にライズの釣り。お聞きすると結構繊細な釣りがメインになるようです(^^;
まあ、パインさんのスタイルはいつも繊細ですから、問題ありませんね!
是非お気をつけて、楽しんできてください!!


---


そして、本日はお土産をいただいてしまいました。
(すみません、私が催促したものです(^^; )

フォームアント

P8160029.jpg


パインさんのブログではその日に使用されたフライが詳細に記録されていますが、以前から僕が気になっていたのがこのフライです。
先日、尺イワナを釣られたのもこのフライ(^^)

次回の釣行で使わせていただきますm(_ _)m

---

パインさん、楽しい時間をありがとうございました!
次回は是非フィールドでご一緒しましょう!!

熊鈴の購入(3代目)

Posted by co-drop on   4 comments   0 trackback

熊鈴を購入しました。
これで3つ目。

P8110003.jpg


---

P4130007.jpg

1代目(左)の購入は昨年。
単独の釣行で、鹿の突然の飛び出しに腰を抜かし、「何か防御が必要か?」と思って購入したもの。

2代目(右)の購入は今年の春。
1代目の熊鈴の音が小さく、「効果なくない?」と思って購入したもの。
1代目よりも透き通った音色が遠くまで響く。
ザックにぶら下げたまま家に帰ろうものなら、「チリーン、チリーン」とマンション中に音が鳴り響くのです。

ところが・・・!
下界では好調だったその音は、川の側ではもちろんのこと、肝心の山道を歩いているときでさえもなんとも弱々しいものに・・・。
1代目同様、「効果なくない?」と。


ということでの3代目の購入に至りました。

2代目より、大きく分厚い本体。
音も太く、大きい(^^)

P8100010.jpg


果たして、実践で使い物になるのか?


そもそも、熊鈴自体にどの程度の効果があるのかは疑問ですが(^^;、
少なくとも使っている本人が満足できる音でないと・・・。
お守りみたいなものですからね(^^)


夏ヤマメ (2013年8月6日(火)釣行)

Posted by co-drop on   2 comments   0 trackback

2013年8月6日(火)
天気:曇りときどき雨
気温:(6時ごろ)21℃ 
水温:未測定


急遽、夕方までの自由時間が出来ました。
これは釣りに行くしか無いでしょヽ(・∀・)ノ

帰ってくる時間を考えると、実釣は昼まで。
ならば、昨年に狙っていた比較的近場の川を新規開拓しようと出かけました=33

久しぶりの単独釣行&里川です(^^)


---


今回は、先日お借りした"しげロッド"で臨みました!

P8060004.jpg

キャストが全然違うのが、分かります。
やっぱりイイ(^^)

このロッドを使わせていただいて感じましたが、しげさんのキャスティングは、フライラインとリーダー、ティペット、そしてフライがキャスト中に一直線上にあるのに対し、僕の場合は、リーダー→ティペット→フライに行くにつれて直線上から外れて飛んでいきます。
このロッドを羨ましく身近に見ていただけに、その違いが顕著に分かります(^^;

ロッドを回すように振っているんでしょうね。真っ直ぐ振るように気をつけたり、キャストの際に親指側にグリップを押し込むと少しですが改善できることが分かりました。

もっと前に気づくべきことですが(^^;、この確認は結構大きかった!

---

まずは一本目の川。
入渓点はこんな感じ。

P8060006.jpg


左岸側の溜まりですぐに出ました。

P8060010.jpg


雑魚ではなかった事にとりあえず安心。

この後もチビの反応がありましたが、しばらくすると反応すらなくなりました。

渓相はいいんですが・・・。
走る魚影もありません。

P8060012.jpg


入渓前にしばらく車で走りましたが、谷が深く、先ほどの入渓エリアを離れると退渓場所がありません。
よって、1時間弱ほどやりましたが、状況変わらないため、こちらは退散することにしました。

P8060013.jpg


この川はしばらく行かなくてもいいかな。

---

続いて2本目の川。

こちらも里川ながら、渓相はなかなかのものです。
沈み石もしっかりあり、雰囲気は1本目の川より良いかも。

P8060017.jpg


まずはこちらでもチビから(^^;

P8060023.jpg


ようやくジャスト7寸。

P8060018.jpg


イワナが出そうな渓相なんですが。
(実際にイワナもいるとのこと。)


P8060015.jpg



そしてホンイチの残念ながら8寸に満たない23cmのヤマメ。
このぐらいだと、引きも楽しかった(^^)

P8060032.jpg


良型をバラしたり・・・。
魚影もそれなりに確認できました。


こんなところもあったり

P8060040.jpg

こんなところもあったり

P8060038.jpg


こちらの川はまた来てもいいなー!


---

本日のヒットフライは、#14CDCソラックスダン。


P8060034.jpg


最近はピーパラ一辺倒になりがちですが、しっかりフライローテーションはしなくちゃいけませんね。
フライへの反応が違いました。


---


納竿は12時前。
久しぶりにヤマメを釣ることができたし、比較的近場の新規開拓もできたし、満足満足(^^)

足腰が弱ってきたときの為にも、こうした安全安心の里川もリサーチしておこう。

P8060022.jpg


小さな川へ (2013年8月1日(木)釣行)

Posted by co-drop on

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力