Fly!Fly!Fly!

フライフィッシングを始めて9シーズン目・・・

スポンサーサイト

Posted by co-drop on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミレーのザック (Millet AERIAL 32)

Posted by co-drop on   6 comments   0 trackback

今年、ザックを背負った釣行を3回経験しました。

車から降りたら、納竿まではずっと釣り歩き。車には戻れません。
ゆえに、ザックに色々と物を詰めて持っていくわけです。
雨具、着替え、ガスストーブ、コッヘル、昼食、お菓子、などなど・・・。予備のロッドやリールなんかも必須。

僕が持っているザックは、80リッターのロウアルパインと、タウンユースのノースフェイス。
いずれも十数年前に購入した年代物です。

当然、ロウは大きすぎるので、ノースフェイスをクローゼットから引っ張り出し、今年の釣行に使用していました。

RIMG11162.jpg

ところがこのザック、ただの寸胴型で、スペースは本体と天蓋の2部屋のみ。他にポケットなどもありません。
よって、釣行のお供には適さなかった。


最近、散財甚だしいですが・・・

ザックを新調しましたヽ(・∀・)ノ
迷わず選んだのは、ミレー!

ミレーは、ワンゲル部時代の憧れのメーカーでした。
理由は今となっては曖昧ですが、周りで持っている部員がおらず、生粋の山男の先輩が唯一有しており、価格も高価だったから(?)と記憶しております。
・・・とにかく、その"憧れ"だけは強く残っていました(^^;

時が経つこと十数年。
ようやく、長年の片思いが成就した感があります!!!
ウレシイな~♪


購入したのは、
"Millet AERIAL32"
というモデル。

P6210005.jpg


最近のザックは高機能ですね。

背中部には、フレームでメッシュ生地がピンと張られており、背中とザックの間に空間ができ、涼しそう。

P6210010.jpg



ザックカバーも付いています。目立つ赤色も嬉しい。

P6210011.jpg


そして・・・ハイドレーションシステム!

P6210017.jpg

これは、しげさんがチューチューされていたのを羨ましく見ており、購入の必須条件でした。
もっとも、最近のザックの多くに、このシステムが標準装備されているんですね。

ということで、ハイドレーションリザーバーも購入(^^;

プラティパス(ビックジップSL 2.0ℓ)

P6210003.jpg


・・・、しかしちょっとこのザック難点が。
ジャラジャラと紐(ベルト)が垂れ下がっていて、ティペットが絡みそう・・・。
不要なものは切っちゃおうかな、なんて思っています。


次回の釣行が、更に楽しみになりました(^^)


スポンサーサイト

快適!(2013年6月20日(木)釣行)

Posted by co-drop on   10 comments   0 trackback

2013年6月20日(木)
天気:曇り(時々雨)のち雨
気温:(6時半ごろ)17℃
水温:(6時半ごろ)14.5℃


いろいろと試したいことがあり、今回は"山奥に行ってみよう"と思っていたのですが、天候が芳しくなかったため、あっさりとこちらは断念。
その代わり、ariさんにしっかりと情報をいただき!里川へ行ってきました(^^)
ariさん、今回もありがとうございました!!


当日は朝は曇天。道路は濡れていますから、先ほどまでは降っていたのでしょう。また降り出すのも時間の問題のようです。
現地周辺は人気がなく、シーンと静まり返っています。
これは期待できそう。

気温はやや低めの17℃でしたが、今日の目的の一つであるネオプレーンゲーター&ソックスで臨みました。
これは装着が早い!!(インプレはブログの最後に。)

P6200004.jpg


いつもより早々に準備完了。早速入渓。


すると・・・、反応も早々にありました!
水面から顔が出ましたが、型もそこそこのようです(^^)
このポイントで反応が数回!しかもチャラ瀬です!
取れませんでしたが、これにはニンマリです♪


・・・しかし、その後は沈黙。(いつもの通りだなぁ。)

P6200077.jpg



しばら~くしてから、本日の1匹目。
パーマークの濃いアマゴ。16cm。

P6200012.jpg


また、しばら~くしてから、2匹目。

P6200015.jpg


この川は、全体的に底にちゃんとした大きさの石があり、いい感じです。
魚にも釣り人にも嬉しいことです。

P6200074.jpg


ようやく20cm越えが登場。
小さくても体高があるのが、この川のアマゴの特徴のようです。

P6200026.jpg


嬉しいイワナ(^^)
流れのゆるーい所で、ゆっくり出てきました。

P6200030.jpg


サイズアップ。7寸強。
黄色っぽい体をしていますね。

P6200037.jpg


こんな滑た所で出たので、カモフラージュでしょうか。

P6200043.jpg


渓相はいい感じです。

P6200055.jpg


ポイントも多い。

P6200060.jpg

P6200046.jpg



イワナはテンションあがるな~。

P6200057.jpg


ラストはこんなところから

P6200072.jpg


ホンイチの8寸弱。
P6200071.jpg


今日も、早朝から夕方まで10時間以上やっていました(^^;
しかし全体的に、反応が少なかった。
ツ抜けはしましたが、1時間に1匹のペース(^^;
足で稼ぎました・・・。

P6200067.jpg




以下、ネオプレーンゲーターとソックスのインプレです。
----------

朝の気温が17℃でヒンヤリとしていたため、履くのを一旦躊躇しましたが、耐えられなければウェーダーに交換しようと、装着してみました。
既に短パンとタイツで家を出てきたため、短時間で装着完了。

恐る恐る川へ入ってみると、ジワーっと水が入ってきます。
思ったよりも冷たくありません。
水温を計ってみると15℃近くもありました。

したがって、気温はおそらく日中でも20℃を少し越えた程度だったのではと推測しますが、一日中この格好で全く問題ありませんでした。
ウェーダーに比べても、動きやすい!

もっと気温が上がればきっと更に気持ちよいでしょう。

逆に水温が一桁のような場所だと、気温がギンギンに高くないと厳しいかも。


また、一番心配していた、砂利等の進入は一切ありませんでした。
砂地、泥地も歩きましたが問題なし。

foxfireの店員さんが言っていたように、ゲーターだけの着脱もできるので、セパレートにして正解だったと感じています。
今回の釣行では、デメリットは一切ありませんでした(^^)

ネオプレーンゲーター&ソックス
これは非常に快適です!

P6200063.jpg







ネオプレーンゲーター&ソックス

Posted by co-drop on   6 comments   0 trackback

昨年の夏、あまりのウェーダーの暑さに、「来年はウエットゲーターを・・・」と決心する事一年近く・・・。

吟味した結果、foxfireにしよう!と、まるかつのTさんへ発注。

ところが・・・。

「ブラックのMサイズはもう在庫がないって。」とのこと。(グレーはあります。)
さすが、夏間近。Mサイズは何処にもないのではないか、とも・・・。

「もしかしたら、foxfireの直営店だったらあるかもしれないかもよ。」とのアドバイスをいただき、翌日に池袋のお店へ。
調べてもらうと、こちらも全店で在庫がありませんでした・・・。

ところが、ちなみに調べてもらった、ゲーターとソックスが別々になっているものならば、かろうじて別々の他店に在庫があるとのこと!!

そしてその担当の方から、「僕も持っていますが、絶対にセパレートタイプの方がいいですよ。山道を歩くときゲーターが結構暑いから取って歩けるし、隙間から砂利が入るなんてほとんどないですから。」とのアドバイス。
この方、フライとルアーをされるのだとか。

一体型は在庫が無いからその慰めのリップサービスだとしても、気にしていた「砂利が隙間から入るのでは??」ということについて使用者からのインプレを聞く事ができたので、今回はこちらに(^^;


ということで、後日の取り寄せで「ネオプレーンゲーター」と「ネオプレーンソックス」を購入しました。
試し履きしてみると、確かに隙間はなく、なんか大丈夫そうな感じ。

P6140015.jpg


ついでにウエアなんかも一緒に購入してしまった。

来週、天気が良ければこの装備で何処かへ行こう。

カルテット(2013年6月6日(木)釣行)

Posted by co-drop on   8 comments   0 trackback

2013年6月6日(木)
天気:曇り
気温:(6時ごろ)14℃
水温:(17時半ごろ)13.5℃

久しぶりの単独釣行に行って参りました。

今回は、イワナとアマゴが混生する小渓流。
時間はだいぶ早いですが、まずは本命の上流部から入渓しました。


P6060014.jpg

ご他聞に漏れず、こちらの川もかなり減水しているようです。
(週間天気予報を見ても、この先もずっと雨が降らない様子・・・。参りますね。)


魚はいますが、前回の釣行と同じく、結構手前からビュンビュンと走ります。
既に浅瀬に魚が出ているだけに、余計厄介ですね。
手前の魚が走ると、本命の奥のポイントが台無しに。もうそこからは魚が出ません。

魚影は濃いようですから、距離をとってキャストしているつもりでも、出ない場合は、既に走られているのでしょう(^^;


そんな状況で入渓後30分ほどしてから釣れた、まずは一匹目ヽ(・∀・)ノ
21cmのイワナ。尾びれの上が欠損していますが綺麗な魚です。
おNewのランディングネットにも無事入魂できました!

P6060004.jpg


しばらくして、小サイズ。

P6060021.jpg


ところで、本日から、オフシーズンに購入しておいたメッシュベストに衣替え。
メインのベストよりややポケットが少ないので、アイテムの収納に若干戸惑いましたが、これからの夏はこれで乗り切れそうです(^^)
(あとはウエットゲーターか・・・)

P6060026.jpg




その後も釣果はポツポツと。

P6060009.jpg

P6060032.jpg


新作のスルーライトダンでは、なぜかセミが釣れました・・・

P6060016.jpg


本日唯一の(小)アマゴ。

P6060036.jpg

P6060041.jpg


その後、反応が鈍くなってきたので上流域からは脱渓。
ここで役立ったのが、GPS(カシミール×YamaNavi)です!!
単独釣行、且つ初流域で初めて使いましたが、本当に便利!!
あらかじめ取り込んでおいた立体地図に自分の位置が表示されているので、山道が離れていても緩やかな等高線の場所を見つけて歩き、道に出ることができました。
このシステムは、間違いなく今後の必須アイテムになるでしょう。
大変お勧めです(^^)


続いて、車にて高度を下げました。

P6060042.jpg

こちらも反応はありますが、全く針に掛かりません・・・。
腕の問題は棚に上げ、とってもスレた出方をしていたと思いました。
釣果はゼロ・・・。
型は上流より間違いなく大きいのですが、残念・・・。

-----
集中力が切れた為、こちらの川に別れを告げ、いつものエリアへ=33

P6060051.jpg

こちらも、とんでもない渇水!!
なんとか釣りになるところまで上がり、再開です。


ヤマメ!!
トリプル(イワナ、アマゴ、ヤマメ)達成です(^^)

P6060065.jpg


そして、しばらく釣りあがったところで。

流速のある小さなポイントから出ました!
非常に強い引きヽ(・∀・)ノ
近づけては走る、近づけては走るを繰り返す中で見たのは・・・ヤマメと違う。
やはりニジマスでした。

ナイスサイズのヒレピンです。
通りで引くわけだ。

P6060058.jpg

ということで、本日は思わぬカルテット。(イワナ、アマゴ、ヤマメ、ニジマス)


・・・そして、またもや強い引き!

P6060059.jpg

こちらも大きくてプリプリの綺麗なニジマスですが・・・。
放流量が増えているのでしょうか・・・。


最後に、25cm納得サイズのヤマメ!!
体高がありよく引いたため、またニジマスかと思いました。
(こちらも放流魚かな。)

P6060062.jpg


久々の一人釣行。
状況や喜び(羨ましさ?)を共有できる仲間がいないのは結構さびしい・・・。
車の中も一人の時間は長~いですね。

しげさんから教えていただいた、「デジカメで釣果を振り返る」の術を行いながら、帰路に就きましたとさ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。