Fly!Fly!Fly!

フライフィッシングを始めて9シーズン目・・・

スポンサーサイト

Posted by co-drop on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桂川水系釣行(2012年6月21日)

Posted by co-drop on   4 comments   0 trackback

2012年6月21日(木)
天気:曇りのち雨
(11:00頃)気温:22℃ 水温:14℃

火曜日の台風の影響を心配しつつも、ダメもとで行って参りました。

本日最初の渓は、支流の沢。入渓地点はこんな感じです。

P6210001.jpg

すぐに小さめの堰堤があり、右岸の溜まりで反応がありました。が、釣れず。

P6210003.jpg

この上はキャンプ場になっており、一度脱渓。
上流へ歩いて行くと、餌釣りの方が!
こんな川で先行者がいてはThe end!と思いましたが、話をするとすぐそこの小区間しか竿を出していないとのこと。
しかも短時間の内に両型のヤマメを5匹も釣ったようです。既に早朝他の川へも行っており、そこでは泣尺のイワナを釣ったとか。自分はまた他の川に行くからと、初めての川の私に丁寧に入渓及び脱渓ポイントを教えて下さいました!
「結構今日は良いと思いますよ。がんばってください!」と激励の言葉も頂戴し、鼻息荒く釣りを再開!
・・・
・・
しかし、全く反応がありません・・・。
写真の下流では大したことはないと思っていましたが、やはり結構増水しています。
一度の反応も無いまま脱渓ポイントへ到着。
やはり沈めないと難しいのでしょうか。

時間はまだたっぷりあるので、他の川へ行くことに。
5箇所の川に行くも、とても釣りになる状況ではありません。
こんなカフェオレ状態のところもありました。

P6210004.jpg

続いて6本目の川。
ヽ(・∀・)ノ
なんとか釣りになりそうです!

P6210005.jpg

ここは、フライを始めた当初ちょくちょくお邪魔した川。

なんと!早々釣れました!
17cmのヤマメです。

P6210006.jpg

「ボ」ムードムンムンだっただけに、とても嬉しい一匹!
ありがとう!

こんな流れからピーパラに出てくれました。

P6210008.jpg


次いで、すぐに釣れました。
同サイズ!

P6210010.jpg

そして、ミニマムサイズ!

P6210013.jpg

高確率で魚が出て来ます。

こんな魚も・・・
20cmに満たない体ながら、冗談のような腹!!
いったい何を食べたのでしょうか!?

P6210019.jpg

そして、そして、こんな場所の右流芯脇から・・・
フライがスッと消えたので合わせると・・・

P6210030.jpg

24cmのひれピンヤマメでした!
大変良く引いてくれました。
流れに乗ってランディングに苦労しました。

P6210026.jpg

カッコイイ顔をしています!

P6210025.jpg

ん?アマゴのような朱点が少々。

P6210023.jpg


いや~、今日来て良かった~!

過半数がミニマムサイズでしたが、期待の持てる川でした。
近々本格的に攻めてみたいと思います!

最後に、春に良い思いをした小渓流へ。
こちらも水は多いですが、釣りには問題なし!

P6210035.jpg

この子は本日もいました!
一昨日の台風時には何処に避難していたのでしょうか!?

P6210036.jpg

そして、彼(彼女?)が譲ってくれた流れから、

P6210038.jpg

17cmのヤマメです。

その後もポツポツと反応があり、

こんなのや、
P6210041.jpg

こんなのを追加し、
P6210042.jpg

本日は終了!

台風後はやはりどこも増水していますが、本日の釣行で、こんな状況でも釣りになる川が確認でき、良い勉強になりました。




スポンサーサイト

熊鈴(トレッキングベル)

Posted by co-drop on   0 comments   0 trackback

・2回連続で鹿の飛び出しに腰を抜かす。
・急に水が濁ったため、上流のポイントを見ると何か?が通ったと思われるような荒れ方。濁りはすぐに解消。
・熊???と思われるような足跡を発見。
というような、今年に入ってからガクブル((( ;゚Д゚)))な経験をしており、且つ、一人釣行も増えてきたため、少しでもの対策として、熊鈴を購入しました。


会社の帰りに、ぶらりと新宿のmont-bell直営店へ。

おしゃれな熊鈴(熊鈴ではなくトレッキングベルと表記されていまいした)が何種類か並んでいました。

購入したものより少し高いものは、「リーーン」という透き通った遠くまで届くメチャメチャ良い音がしましたが、なんだか目に見えないものを逆に呼び寄せそうな音にも聞こえたため、こちらのものに決定。

P6170001-1.jpg



ところで、昔、mont-bellの社長の比較的小規模な講演会に参加したことがあり、最後に「質問がある人~?」の質問に誰も手を挙げなかったため、私が「monto-bellの名前の由来を教えて下さい!」とお聞きしたところ、「その質問いつもされるんだよなー。答えるの飽きたなー。」とのご回答。確かにオーソドックスなつまらない質問でした・・・。ちょっと恥かしい思い出です。
その後、しっかりと由来をご説明いただきましたが、・・・すっかり忘れてしまいました。(汗)

笛吹川水系釣行(2012年6月7日)

Posted by co-drop on   4 comments   0 trackback

2012年6月7日(木)
天気:曇り(晴れ&曇り)
(8:00頃)気温:17℃ 
(8:30頃) 水温:10℃

「まだまだイワナが釣りたいな~。」と思い、未経験の川を吉祥寺まるかつのTさんへご相談。川の情報を教えていただき、出陣して参りました!

今回は大菩薩嶺を望む笛吹川水系です。

大菩薩嶺は、大学のワンダーフォーゲル部時代に初めて登った山でした。
1年生は自分の荷物に加え、装備類(テント、調理器具、ランタンetc...)を背負わされるため、ザックの重量は20kgオーバー。初めての登山にこれは辛すぎます!「何でこんな部活に入ってしまったのだろう???」と登山中に心底思ったの鮮明に覚えています。
その十数年後、フライフィッシングで麓を訪れるとは、夢にも思いませんでした!

さて、釣りの内容です。
今回(も)早く現地に着きすぎたため、まずは下流でちょこっと竿を出しました。
雰囲気は良いのですが、全く出ません。
川横の道路をダンプカーがせっせと登って行くのが見えますが、それらに混じり、普通車がちらほら続くではありませんか!焦ります・・・。
朝練を早々に切り上げ、私も上流へ。

先ほどの車でしょうか、最上流の入渓地点には早くも車が数台止まっていました・・・。

少し下り、最初の入渓はこんなところ。

P6070001.jpg

今回はピーパラで開始です。

なかなか出ません・・・。

一匹目は、左岸から出会う藪沢の入り口からでした。

P6070004.jpg

岸にぶつかる流れ込みの中から、
18cmの嬉しいイワナです!

P6070003.jpg

次いでこの後すぐに、こんなところから、

P6070010.jpg

同サイズのアマゴ!

P6070009.jpg

アマゴは久々!去年の木曽以来です!!
これは嬉しい!
「これでヤマメが釣れればトリプルじゃーん!」と喜びます!(が、結局この日はヤマメは釣れず。)

もう一匹追加。
同じようなサイズです。

P6070012.jpg

写真ではイマイチですが、雰囲気の良いこんなところもありました。

P6070014.jpg

しかし、反応ナッシング!

本日は渋い!渋すぎます!
忘れた頃に、たま~に反応があるだけ!反応が無いと、だんだんテキトーになてきますよね。

そのテキトーなキャストから、これまた忘れた頃に出てきてくれました。
本日最大の、23cmのイワナ!!!

P6070016.jpg

ストマックを取ってみました。

P6070018.jpg

緑色の芋虫です。

これを見て、ボディが緑色の半沈タイプのフライを結びしばらく様子を見ましたが、一向に反応は変わりませんでした・・・。

~~~
芋虫と言えば・・・
今思い出しても鳥肌が立ちますが、中盤で、フライを枝に引っ掛け、フライを回収しようと手を伸ばすと・・・、葉っぱにウジャウジャと芋虫の集団が(((((( ;゚Д゚)))))
これは心臓が止まるかと思いました!
あ~、キモイ!
~~~

もう一匹イワナを追加。
P6070023.jpg

これを最後に、しばらく続けるも反応が全くなくなり、モチベーションもミニマムに。
14時に切り上げ、別の川に行くも、ここでも反応ゼロ!

P6070026.jpg

先日に引き続き、鹿の飛び出しに驚かされ、腰を抜かしただけでした!


あー、まだまだイワナが釣りたい!!!

桂川水系釣行【リベンジ編】(2012年6月1日)

Posted by co-drop on   4 comments   0 trackback

2012年6月1日(金)
天気:曇り(時々晴れ間) → 雨(土砂降り)
(6:00頃) 気温:14℃
(8:00頃)水温:11℃ 
(13:00頃)水温:12℃

5月11日の釣行では、イワナを求めて川を選んだにも関わらず、結局ヤマメしか釣れず、また、釣果も1匹と貧相なものでした・・・。
しかし、渓相は良く、魚がいることは確認できたため、リベンジを考えておりました。

本当はもう少し早く行く予定でしたが、雨天により実現ならず。そして今週の火曜日を検討しましたが、事前の天気予報は雨。ならば!と木曜日か金曜日へ予定を変更。木曜日は「大気が不安定」と最近ではもっとも不愉快な言葉となったそれを、お天気キャスターが発していた為、金曜日に決定。しかししかし、蓋を開ければ「大気が不安定」は金曜日にずれこみ・・・。私、本当に雨に祟られています・・・。

前置きはこのぐらいにして、とにかく先日のリベンジに本日行って参りました!!!

早朝、高速のサービスエリアにて、クワガタを発見!

P6010004.jpg

サービスエリアの灯りに寄ってきたのでしょうか?
それにしてももうクワガタがいるんですねー。
なんだか今日は良い日になりそうだなぁ、とワクワクしてきました。
また、『今日のフライはビートル系で行くのですよ』と神の啓示だと勝ってに解釈し、この時点で最初のフライは決定!!

今回は確実にイワナを釣るべく、先日よりも上流へ。
駐車スペースへ着くと、鹿が逃げていきました。(焦った!!)

そして、入渓地点はこんなところ。

P6010005.jpg

神の啓示に従って、ピーコックパラシュートを結び、第一投!
「シュポ!」っと小さいながらも反応がありました!
さすが、神様、クワガタ様。

「これは今日はもらったぜ!」、と思ったのも束の間。後が続きません。
ライントラブルを連発し、イライラしてきたため、一旦車に戻り、ショートロッドに切り替えました。

さすがショートロッド!さくさく進めます!
するとこんなところから・・・、
P6010021.jpg

18cmのヤマメ
P6010008.jpg

ん!? ヤマメ!? イワナじゃないの!?
とりあえず「ボ」は免れましたが、先日に引き続き心中複雑です。

ちなみに、ピーコックパラシュートでは反応が遠のいていた為、このヤマメは最近好調のソラックスダンで釣りました(汗)。

次いで、いかにもという反転流のバブルラインから!
出ました!念願のイワナです!
慎重に取り込み、いざ写真撮影をしようとすると・・・、逃亡されました!!(TヘT)
しばらく放心状態。

サイズは先ほどのヤマメぐらいだったものの、イワナを逃がした心のダメージは半端無い!
写真あってこそのブログですから・・・。

気を取り直して。
こんな良い感じのポイントから、

P6010030.jpg

P6010010.jpg

ヤマメです・・・。
釣れるのは嬉しい、嬉しいのですが・・・。

次いで、こんなところの深みから、ユラユラ~っとゆっくりと出ました!
ゆっくり出るのは興奮しますね~。

P6010015.jpg

25cmのヤマメです!
結構引きました!
ヤマメですが、これはとってもウレシ~!!!
ナイスワン!!

P6010011.jpg

活性が上がってきたようで、この後20cm弱が続いて釣れました。


こいつは21cmでしたが、プリプリで良く引いてくれて楽しめました。

P6010038.jpg

そ・し・て・・・!

小さいですが、イワナです!
ようやく写真撮影に成功!
12cm!
P6010019.jpg

さ・ら・に・・・!

ようやく満足レベルのイワナが釣れました!
22cm!
感無量です!

P6010033.jpg

結局、本日のリベンジでは、ヤマメ8匹に対し、イワナは3匹!
もっと上流に行かないと行けないのでしょうか!?
他の方はイワナメインで釣果を上げられているようですが・・・。
私の中では、この川は「イワナもいる川」と呼ばせていただきます。m(_ _)m

P6010024.jpg

本日のヒットフライはこちら、パラシュートスピナー。
ヤマメ、イワナのツートップを含む9匹がこのフライで釣れました。

P6010027.jpg


雷が鳴り、雨が降ってきたため、この川は14時に撤収。
まだ時間があった為、先日、吉祥寺まるかつのTさんよりポイントを教えていただいた、一つ山を越えた川へ行ってみました。

P6010047.jpg

Tさんがおっしゃるとおり、竿がとても振りやすい!
間もなく、チビメが。

P6010046.jpg

しかし!釣り始め10分ほどで、土砂降りの雨!!
ビチョビチョになりながら、急いで車に戻り、本日はこれにて終了!!
残念ですが、また行ってみま~す!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。