Fly!Fly!Fly!

フライフィッシングを始めて8シーズン目・・・

スパイダーパラシュート

Posted by co-drop on   14 comments   0 trackback

本命の釣行を来週に控えた今週。
いつもとは反対方向にソロで行ってみようと目論んでいたが、現地は結構な量の雨が降った様子。
家の用事も加わって今週も釣りに行くことは叶わなかった。

悶々とした気持ちを少しでも処理すべく、健全な男子として、タイイングに励んだ。

今回巻いたのは、蜘蛛のフライ。
昨年の終盤に活躍してくれたフライで、今年は夏本番から使用してみたいと思っていた。

DSCN0946_259.jpg

ダビングに失敗する

Posted by co-drop on   6 comments   0 trackback

フライフィッシングを始める前、少しだけテンカラをかじっていた期間がありました。
当時は3人でスタートし、フライ(毛ばり)の種類もわからず、出来合いのフライを漁っていました。そのうちに皆バイスを購入して、オリジナルで作ったものを「これはカッコいい」「これは釣れそうだ」とワイワイやっていたことを思い出します。その延長でフライフィッシングに移行していったのですが、今思えば、初心者同志、一緒にステップアップできたことが、途中で投げ出さずにこうして趣味と言えるまでに至ることができたのだと思っています。

そして、そんなごく初期の頃に買ったのがこの本。

DSCN0206.jpg


当時は大御所の名前など知る由もありません(^^;

前回のヘアーズイアを巻いた後、次は何を巻こうかといろいろと吟味していたところ、こちらの本に載っていたMSCスペシャルに目が留まったのでした。

DSCN0207.jpg


この本、大きな写真を使って、比較的親切にタイイングの仕方を説明してくれているのですが・・・

DSCN0209.jpg


出来たのがこちら・・・

DSCN0201.jpg


全く違うものが出来上がりました(^^;
お粗末なボディ!!

アドバイスいただいた、ループを作ってその間にファーを挟んで巻いていく方法を、勝手なイメージでやってみましたが、見事に撃沈。挫折しました。
結局、タッチダビングで巻き直したのですが・・・。

まず、そもそものダビング量が足りないのでしょう。
また、最後にニードルでピックアウトしました、ニードルの先にマルチグルーでダマになったファーがくっついてくる始末。
なんとも残念な仕上がりとなりました。

ということで、このMSCはちょっとお預け。
次に行きましょう・・・。

ニンフを巻く

Posted by co-drop on   8 comments   0 trackback

解禁まであと1週間。
そして最初の釣行の予定まで2週間(^^)
ロッドを持って、渓流に立てることを思い浮かべただけでもワクワクします。

しかし!2度の大雪で川の様子が心配。
っていうか、川までたどり着けるだろうか・・・。

こんな具合じゃあ、ドライでなんて釣れないんだろうな。

・・・ということで、すごく久しぶりにニンフを巻きました。

DSCN0193.jpg

取り敢えず巻いたのは、手持ちのマテリアルで間に合うヘアーズイア。

DSCN0194.jpg


フェザントテイルは久しぶりに袋から出したし、マルチグルーは蓋が固着していて開けるのに苦労した。
タッチダビングも忘れかけていました(^^;
タッチする量の加減が分からず、ボリュームオーバー!スレッドからヘアーズイアが離れない(苦笑)


でも、久しぶりに巻くフライパターンは、作っていて楽しい。

DSCN0196.jpg

4つ巻いたところで、今日は時間切れ。
一種類を4つじゃねぇ・・・。

もう数種類巻いてみよう。

ソラックスダン(Ver.2)を巻く

Posted by co-drop on   8 comments   0 trackback

フェイバリットフライ、ソラックスダン。
ミーハーな僕は、これまで渋谷直人氏のソラックスダンを真似て作ってきました。

DSCN0053.jpg

氏曰く、「イワナに大きく口を使わせるためのパターン」とのことで、CDCのウイングにボリュームがあり、「イワナがフライに反応しようと決めた場合、ガバッっと大きく口を開けて周囲の水ごと吸い込まざるを得ないようになっている。」ようです。
こちらのソラックスダンは、ハックルを巻いた後からDCDのウイングを取り付けており、LDL用に空気抵抗を少なく工夫が見られます。



さて、今回新しく巻いてみたのは、ソラックスダンVer.2。
やはりミーハーなため、こちらのVer.2は岩井渓一郎氏のソラックスダンです(^^;

氏のDVDを見ていた際に、他のフライでは渋い状況の時に使用していたものでした。
「やっぱソラックスダンの反応は大違いだな!」なんて言っているので、大変興味をもっていたのです。
渋谷氏のそれに比べて、華奢な印象がありました・・・。

タイイングの仕方が分からなかったため、いくつかのサイトを参考にさせていただき、見様見真似で巻いてみました。

DSCN0176.jpg

こちらのソラックスダンはCDCを最初に付けるようです。
「CDCは水で濡らすとタイイングし易いよ。」とのアドバイス通りに行いましたが、なるほど確かに扱いやすい。

オリジナルのテイルは、エルクホックなるマテリアルを使っている模様。
しかし、手元にはありません。
一度、まるかつさんで見せていただきましたが、なかなか良さげなマテリアルでした。
今度欲しいなぁ。


そして完成したのがコレ・・・。

DSCN0179.jpg

どうだろう・・・。
ハックルが多かったか??



Ver.1とVer.2を並べてみました。

DSCN0190.jpg

ん~、あんまり変わりがないような・・・。
フックの大きさが違うので、それを差し引いたとしても、Ver.1の方がウイングが多少大きいか、という程度。
もっとVer.2は繊細に巻いた方がよいのかな??

まあ、まずは、作っている自分の気持ちが違えばいいかな(^^;


それにしても、ロッドをご自分で作られている方々は凄いとつくづく思う。
僕には、数種類のドライフライを巻くので精一杯・・・。

巻くのが楽しいフライ

Posted by co-drop on   8 comments   0 trackback

今日は、大学の元研究室仲間との忘年会。
久々に集まるので、楽しみです(^^

昨日は、farwaterさんのお仲間が集まっての忘年会が開かれたようです。
今度こそ皆様とお近づきになれると思っていましたが、痛恨の仕事最終日で参加は出来ませんでした・・・(;;


DSCN0059.jpg


さて、前回、タイイングを褒めていただいたことに気を良くし・・・
というわけではなく、ブログのネタがなかったもので、今回もタイイング。

カミさんと子どもたちは、一足早く実家に帰っているため、一人の時間を使って、フライのDVDを見ながら来年のフライを巻く。
悪くありません。

DSCN0053.jpg

最初にいくつか巻いたのは、ソラックスダン。
テイル付け → 下地ダビング → ボディ作り → ソラックス作り → ハックル巻き → CDC乗せと、自分が巻くフライの中では一番手間のかかるフライですが、巻いていて一番楽しいフライ(^^
(ただし、一度に巻けるのは数個限定ですが・・・。)


DSCN0065.jpg

また、春用に小さめのパラシュートも追加しました。

実際の釣りでは、自分の気に入ったフライでしかローテーションをしません。
新作!と思って新しいフライを巻いても、ちょこっと使うだけで、結局は元のフライに戻ります。
よって、スタメンは5~6種類といったところでしょうか。あとはサイズや色違いを。


DSCN0040.jpg

あっという間に、解禁まであと2ヶ月。
こんなヤマメを釣ってみたいなぁ・・・。